2021年05月23日

コロナ禍、マスクとお肌との戦い

コロナ禍と呼ばれるようになり1年になりましたね。

もちろん、日々、感染症に頭を悩ませていることと思いますが…

もうひとつの困り事、それはマスクによる肌荒れ。

不織布の記事が擦れる頬のあたりや、口周りなど…様々なところでお肌のトラブルがおきています。

筆者は、特に唇の荒れと、口周りのニキビに頭を悩ませています。

流行当初は、作りの悪いマスクも少なくなく、選ぶ余地もなかったので泣くばかり。

最近はマスクの供給も安定したので、よいものを選べばよいかな…と思いきや、「やわらか」「肌に優しい」なんてうたうものを選んでも、なかなか改善されません(泣)



昨年の夏は、不織布に限界を感じ、布やウレタンのマスクを利用していましたが、最近は効果の薄さが指摘されていますよね。

布マスクの方に不快感を顕にする方もいるため、あまり利用しないようにしていますが…今年の夏はどうなるのでしょうね。



やむを得ず、荒れた唇にリップや薬を塗る対症療法で凌いでいます。口紅なんて肌荒れのもとで、すっかり塗らなくなりました。そこはマスク暮らしなので助かっています。変わりに、色つきのリップが進化していますね!すごく発色がよくて驚きました。

でも、できたら対症療法よりも、良いマスクやお手入れの方法を知りたいものです。



色々頑張っていますがそろそろお手上げ。

コロナの時代が過ぎ去ることを切に願います。
posted by コロナスキンケア at 00:00| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。